日常系youtuberが今、熱い! 急上昇1位のパーカー、筆者オススメのぼっち系カスメンタル。

現在、伸びているyoutubeのジャンル。日常系youtuberとは何か?

 日常系youtuberをご存知だろうか。

 朝起きてから、眠るまでのルーティンを撮影し、日常を上げるyoutuber。

 芸能人のオフショット集――といえばイメージがつきやすいかもしれない。

 求められているのは、斬新で起伏のある動画ではなく、ゆるふわで誰しもが共感できるような癒し動画。

 彼らの生活に共感するポイントを、各自見つけて楽しむのだろう。

 あるいは、純粋に他者の生活に興味があるのかもしれない。他人の生活を覗き見ることは、現代社会では難しいし、友達であっても、ルームシェアでもしなければ、基本的に知る事は不可能だ。

 そんなわけで、日常系に分類されるyoutuberの中でも特に、リアルな現代人の生活を――赤裸々に気取らずに動画投稿を続けているyoutuberに自然と人が集まる。

 大きく成功した例として、パーカー/大学生の日常がある。https://www.youtube.com/channel/UCBOW9JS4366gwX_rFFgZNTw

 彼はここ5ヶ月間で、チャンネル登録者数100人から、現在約20万人に伸ばしたyoutuberである。

 全くといっていいほど気取らずに、普段から摂る食事の説明、休日の過ごし方、用事がある時の朝のルーティン、日々のあるあるなどを動画に収めながら、素直に落ち着いたテンションで喋っていく。

 日常系の理想を体現し、大成功を収めたyoutuberの1人である。

 大学生の日常というチャンネル名からわかる通り、大学生であり、学生からの人気も高い。

 若者からの人気というのは、チャンネル登録者数を数十万にし、再生数を集める上では欠かせないものだろう。

 大学生というのも大きい。

 中学生、高校生は(皆さんも通われている人が大半なので書くまでもないが)、時間的制約が厳しい。

 基本的にクローズドの世界なので、プライバシーに配慮しなければいけない。筆者は自分の部活動の様子を撮影し、学校から謹慎処分を食らったyoutuberを知っている。

 出来ることが限れられてしまうので、需要があっても、伸ばすのは難しいものがあるだろう。

 一方大学生は、校内を様子を少しくらい映しても、咎められることは少ない。あったとしても、一発レッドカードを切られることなんてまずないから、安心して日常動画を撮ることができるだろう。

 金銭的にも余裕があり、手軽に旅行に向かい、動画を撮影することだって出来る。パーカーチャンネルもその手の動画を上げている。

 旅行は日常動画ではないだろうが、時折そのような動画があるのはいいスパイスになるだろう。ファンにとって嬉しいことに違いない。

大学生の日常動画が熱い! 筆者のオススメ 「ぼっち系youtuberカスメンタル」

パーカーチャンネルは、youtubeトップページ内の急上昇に載ったこともあるくらい、勢いがあるので、知っている人も多いのではないか。

 近年じゃ、ここまで早いスパンでチャンネル登録者を伸ばした例など耳にしない。

 筆者の知る限り、2019年一年を通せば、彼だけだろう。

 日常系のジャンルはまだまだこれからも伸びていくだろう。

 これからの活躍が期待できそうなyoutuberを一人、筆者が予想する。

 その名も「ぼっち系youtuberカスメンタル」

https://www.youtube.com/channel/UCBBKLLmncyy6KDyc65r_ayw

 彼もパーカー同様に、大学生である。

 彼もまた落ち着いたテンションで喋るので、好き嫌いが生まれにくいだろう。

 大学生の一日と題し、学校がある日の一日を撮ったりしている。

 彼はチャンネル名にある通り、ぼっちであり、シニカルな視点で物事を語っていく。

 友達が少なければ、youtubeの視聴時間が長くなってしまうのは必然的な話であり、ぼっちをターゲットにした動画が伸びやすいのは考えるまでもない。

 ぼっち系youtuber、なんて言葉が少しだけ人気を博したのもさもありなん。

 そして大学生といえば、学校生活だけではない。

 大学生といえば、様々なバイトを体験する時期。

 カスメンタルは短期バイトの体験記なんかも上げていて、これもまた面白い。

 先述した通り、バイト関連の動画を上げるのは、何かと規則のある高校生や中学生、働いている人も今となっては難しい。大学生のみがなせる技だろう。

 おまけ程度にカラオケの動画も上げているので、ファンになった方は視聴してみるといいだろう。普通に上手い(笑)

 大学生の日常は、若者だけでなく、どんな世代にも需要はある。

 大学に通っている人は、あるある動画として共感しながら見ることができるのは当然のこと、大学に通っていない人であっても、どのような生活を送っているのか気にならないわけがない。

 卒業した人も、自分の学生時代を振り返り、懐かしい気分に浸れる。

 近年、youtubeには芸能人の参入が相次ぎ、高い年齢層の視聴者がテレビからyoutubeへと流れた。彼らにも、日常系youtuberの動画は刺さるはずだ。

 テンションの高い企画系youtuberの動画もいいのだが、このような落ち着いた動画を求める人も増えていくだろう。

 まさしく万人ウケ。

 生活を撮っているだけなので、動画自体に起承転結は――正直ない。

 濃い味のラーメンを毎日食べている人には物足りなさを感じるかもしれない。

 だが、癒しとして、それらの動画は探せば数多転がっている。

 アップテンポな動画に疲れたときに、是非とも見て欲しい。

 そして、今大学生の人は是非、日常系――上げてみたら如何だろうか。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。