YouTuberの年収ランキングは?YouTuberは職業なの?稼げるの?

子供のなりたい職業ランキングでトップに入る程、人気急上昇中のYouTuberですが、実際どのくらい稼げるものなのでしょうか。
また、中には、
「YouTuberって職業なの?」
という疑問を持つ人もいるでしょう。

そこで、この記事では、実際に活躍しているYouTuberの年収ランキングを見ながら、どれくらい稼げるのか、そもそも職業なのかということを詳しく解説していきます。

YouTuberとは

まず、YouTuberとは、簡単に説明すると、YouTubeで動画配信をしている人のことです。
自身でチャンネルを開設し、そこに自身が作成した動画をアップして視聴者に見てもらうことが主な仕事の内容です。
YouTuberは、再生回数や動画に貼った広告、それから企業から依頼されて商品やサービスを紹介する企業案件などから収入を得ています。

YouTuberの年収の振れ幅は?

では、そんなYouTuberの年収はどれくらいなのでしょうか。
YouTuberの中には、全く稼げていない人やお小遣い程度の金額しか稼げていない人もいます。
というか、そのような人たちが圧倒的に多いです。

ただ、チャンネル登録者数が多く、人気を集めているYouTuberであれば、会社員よりも遥かに高い金額を稼ぎ出すこともあります。
そんな人気を集めているYouTuberの年収の振れ幅というのは、大体800万円から1億1400万円程度になります。

このように、好きな動画を作り、好きな企画を実行してたくさんのお金を貰えるということにひかれてYouTuberを始める人もたくさんいます。
ただし、もう一度行っておくと、この年収の振れ幅というのは人気を集めているYouTuberのみの値です。

当然人気が出なければ、再生数も稼げませんので、1円も稼ぐことができなかったり、数万円しか稼げなかったりする場合もあります。

YouTuberにも種類がある?

一概にYouTuberといっても、業務形態にはいくつかの種類があります。
まずは、ゲーム実況系YouTuberです。
これは新作のゲームや人気のゲームを、実況を交えながらプレーするという形態です。

そして、キッズYouTuberという業務形態もあります。
これは、子供が出演する動画を配信しているYouTuberのことを指します。

次に、商品紹介YouTuberです。人気の商品や新作の商品をいち早く手に入れて、品質や使い心地などを動画にしています。

最後に、面白系YouTuberです。
これは、様々な企画を考えて、実行するYouTuberのことを指します。
大体は、一般の人ではやらないようなことを動画にして、視聴者を楽しませています。

気になるYouTuberの年収ランキングトップ10!

では、実際に有名なYouTuberの年収を見ていきましょう。
ただ、この年収はあくまでも視聴回数などから算出した金額となりますので、必ずしも金額があっているというわけではありません。
そのため、参考程度に見て頂くことをおすすめします。

1位:フィッシャーズ 月収:約1100万円 年収:約1億4000万円
2位:キッズライン 月収:約800万円 年収:約1億円
3位:ヒカキン 月収:約790万円 年収:約9500万円
4位:はじめしゃちょー 月収:約630万円 年収:約7600万円
5位:ヒカル 月収:610万円 年収:約7300万円
6位:プリンセス姫スイート 月収:約560万円 年収:約6800万円
7位:東海オンエア 月収:約490万円 年収:約5900万円
8位:Kan&Aki’s CHANNEL 月収:約470万円 年収:約5600万円
9位:セイキン 月収:約400万円 年収:約4900万円
10位:水溜まりボンド 月収:約390万円 年収:約4700万円
(引用:https://heikinnenshu.jp/creative/youtuber.html
以上のようになります。
中には知っているYouTuberもいたのではないでしょうか。
チャンネル登録者数が増え、人気になればなるほど、驚くべき金額を稼ぎ出すことができるのがYouTubeなのです。

YouTuberで稼ぐにはどうすればいいの?

では、YouTubeで稼ぐためにはどうすればいいのでしょうか。
一番大事なことは、動画をたくさん見てもらうということです。
そうすることで自然と稼げる金額も増えますし、視聴者からの認知度も上がります。

ただ、YouTuberに憧れてチャンネルを開設する人が増えてきたため、一筋縄ではいきません。
一般的なビジネス同様、ブランディングやマーケティングなども大事になってくるでしょう。

YouTuberは会社員?

YouTuberは、その多くが個人事業主として活動しています。
ただ、人気のYouTuberの場合、芸能人のように事務所に所属するパターンもあります。
この場合、会社員として雇われているのか、吉本のエージェント契約のように個人事業主で入っているのかは、各事務所によって異なります。

YouTuberは、その多くが個人事業主として活動しています。 ただ、人気のYouTuberの場合、芸能人のように事務所に所属するパターンもあります。 この場合、会社員として雇われているのか、吉本のエージェント契約のように個人事業主で入っているのかは、各事務所によって異なります。

YouTuberになるためには、資格など一切必要ありません。
チャンネルを開設すれば、誰でもYouTuberになることができます。

ただ、YouTuberになることは簡単ですが、YouTubeで稼いでいくことは簡単ではありません。
本気でYouTuberを目指すのであれば、世間の人がどのような動画を求めているのか、ライバルはどれくらい存在するのかということを分析するだけでなく、どのような戦略を取るのかということを考えることも大事です。

つまり、YouTuberはビジネスなのです。
適当に動画をアップしているだけだと、お金を稼ぐことは難しいですが、しっかりと戦略を練ることによって、サラリーマンよりも遥かにお金を稼ぐことができる可能性があります。

まとめ

YouTuberというのは、かなり夢のある職業です。
ただ、話題に上がっているYouTuberだけでなく、1円も稼げずに苦しんでいるYouTuberがいることも忘れてはいけません。

これから本気でYouTuberになりたいと思っているのであれば、
「どうすれば他のYouTuberと差別化を図ることができるか」
ということを真剣に考える必要があります。

執筆:eternal promise

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。