ユーチューバーで稼ぐ!人気になれば広告収益&年収UP【動画投稿しよう】

最近のYouTubeではバラエティやエンタメジャンルの他に、Vlogやルーティン系、教育系の動画も増えてきましたね。
「稼げるから」ということで副業でYouTubeの動画投稿をしている人もだんだんと増えてきました。副業といっても本業よりも収入が多いこともあるみたいです。
稼げる仕組みとしては、動画の最初や途中で再生される広告の数が増えれば増えるほど収入も比例して増えるというもの。
つまり、動画の投稿数に応じて収益も上がる可能性が高いということです。

本記事では
YouTubeで稼ぐ仕組み
YouTubeで人気になるにはどうしたら良いか
以上を解説していきます。

YouTubeで稼ぐ仕組み

そもそもなぜYouTubeへの動画投稿で収益が発生するか。
結論は以下の通り。
・広告収入

広告収入とは?

かみ砕いて説明すると、動画の最初は途中などで表示される広告が視聴者に再生されることによってお金が発生する収入のことです。
再生回数が多いほど収益が多いと言われています。

1再生あたりの広告収入の額は?

1再生あたりの広告収入額はジャンルによりますが、だいたい0.1円/1再生と言われてます。
月10万円を稼ぐには100万再生されないといけないということですね。
つまり相当有名・人気じゃないと厳しい正解です。

人気になるには?

新しく動画投稿を始める人が人気になるのはかなり難しいですが、ポイントを押さえれば狙えます。

ポイントは以下の通り
・トレンドを狙う
→流行っているモノやコトをテーマにした動画を投稿する
(例:タピオカ、激辛シリーズ)
・新ジャンルを狙う
→誰もやったことのないジャンルの動画を投稿することによって、そのジャンルでの地位を確立する
・毎日投稿をする
→動画数が多いほど多くの人の目に留まる。加えて累計再生回数も増えるので収益率UPを目指せる。(例えば月10万円の収益を目指すのであれば、100万再生の動画1本狙うより、1万再生の動画を100本生み出す方が現実的)
・SNSで動画を拡散する
→YouTube以外でのプラットフォームで拡散することによって、さまざまな人の集客を増やすことができる。また、もしバズらせることができれば一気に収益Upが見込める

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。
・副業でYouTubeを始める人が増えている
・0.1円/1円
・人気になれば収入がUPする
トレンドを狙う
新ジャンルを狙う
毎日投稿する
SNSを使う

執筆:161P(神谷真)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。