ただでさえ人気な動物YouTuberの中でも一歩抜きん出るYouTuberたちの秘訣は!?

かわいい動物の動画は人気になりやすいですが、動物YouTuberというだけでは人気は出ません。

では、大人気動物YouTuberたちの人気の秘訣は何なのでしょうか?

もし人気が出ても、それが一瞬だけでは意味がありません。

大人気動物YouTuberの、特に息の長い大人気動物YouTuberの人気の秘訣は何なのでしょうか?

この記事では、

  • 最近の人気動物YouTuber
  • 息の長い人気の動物YouTuber
  • 国外からも人気を得ている動物YouTuber

を並べてみて、抜きん出た人気の秘訣を分析してみました。

※人気な個体そのものがYouTuberになっている側面もあるので、特定の個体が中心になっているYouTubeチャンネルを対象にしています。色々な個体の動画を集めて、オムニバスやアンソロジーのように投稿しているチャンネルも人気ですが、今回は除外します。

最近の人気動物YouTuber

ふうちゃんらいちゃんねる

芸人であるサンシャイン池崎氏が、ある意味で芸人としてのサンシャイン池崎氏より人気爆発してしまった、保護猫の『風神』・『雷神』(ふうちゃん・らいちゃん)のかわいい動画&動物保護団体の動画などを投稿しています。このチャンネルの収益は、経費と税金以外、全額が動物愛護団体などに寄付されることと、サンシャイン池崎氏が単なる猫好きのおっさんと化しているのもポイントです。

ひのき猫

4匹のMIX猫とマンチカン1匹がわちゃわちゃする、面白かわいい動画が特徴のチャンネルです。最初は、MIX子猫♀の『ひのき』成長記録&面白かわいい動画でしたが、保護子猫♀のハチワレ『ひまわり』が加わり、さらにマンチカン子猫♂の『秀吉』が加わって、2匹の成長記録&面白かわいい動画も混ざってにぎやかになります。その後、『ひまわり』と『秀吉』夫婦の子猫5匹が参入。子猫のうち、里子に出されなかった『豆大福』♂と『おでこ』♀の成長記録の側面も強くなっています。

ポムさんとしまちゃん/ねこべや。

立ち耳スコティッシュフォールド♀の白猫ポムさん(愛称:カリン様、わたあめ)、その次にやってきた長足マンチカン♀のしまちゃんの日常を映すかわいい動画がメインです。日常と言っても、完全にあおむけで眠るポムさんのふわふわお腹に飼い主さんが顔面を埋めるなどの種類の日常なので、大変にうらやましいです。

保護猫ジャンポン(前チャンネル名:黒岩健一郎)

イラストレーター夫婦、黒岩健一郎氏とmaoiさんが、人から虐待された経験があり、ハイパーな威嚇をしてくる元野良猫♂『ジャン』を引き取り、長年かけて慣れさせていく過程を映したチャンネルです。2011年に引き取られた『ジャン』が、何年もかけてですが、人に心を許していく歴史は涙腺に来るものがあります。2016年にやってきた保護黒猫♀『ポン』と『ジャン』との仲良しっぷりも和みます。

猫と犬

Momo Ten Kuuももと天空

柴犬♀『もも』、黒猫♂『天』、キジトラ猫♂『空』の日常のかわいい動画メインのチャンネルです。散歩ではしゃぐ『もも』、『もも』と引き取られてきた子猫『天』のいちゃつき合いに癒やされます。ある日突然やってきて居着いたサプライズ猫『空』と、先住犬猫2匹の距離が少しずつ縮まっていく過程もドキドキします。

まーくんと猫

まーくん氏の愛猫、サイベリアン♂『わたげ』、エキゾチックショートヘア♀『つみれ』、2匹の間に生まれた♂『おもち』と♀『あずき』の日常、成長記録、まーくん氏が仕掛ける猫たちへのおもしろ実験&いたずら動画がメインのチャンネルです。猫全員が長毛で大変にモフく、非常にゴージャスな上に妙にコスプレが似合います。

プピプピ文太

シベリアンハスキーといえば、体は大型犬、心は小学生男子ですが、その中でもひときわ表情豊かな♂『文太』の、愛らしい日常を映すチャンネルです。ほっぺをムニムニされて喜ぶ動画や、人をダメにするソファで満足気に寝そべる動画が有名ですね。個人的には、『文太』のかわいさだけを売りにせず、シベリアンハスキーの飼育は大変である、とチャンネル概要で明記している飼い主さんの姿勢に好感が持てます。

柴犬小春Kohachannel

ちょっと食い意地が張りすぎで、雨の日の散歩で着せられる雨合羽が大の苦手な柴犬♀『小春』のチャンネルです。食欲旺盛な食事風景が愛らしく、ちょくちょく飼い主さんに食べ物関連の実験動画を撮られていて、面白かわいく仕上がっています。様々な食べ物をあまりに魅力的に食べるので、最近は『小春』の食事ASMR動画も多く投稿されています。

ゴールデンレトリバー

体は大型犬、心は子犬のゴールデンレトリバー♂『ハロ』を愛しすぎて、ゴールデンレトリバーのブリーダーを始めた飼い主さんが撮る、『ハロ』とその妻『キッカ』のチャンネルです。2018年には『ハロ』夫婦の子供『アムロ』たちも登場。飼い主さんと『ハロ』とのイチャつきもすごいですが、『ハロ』の自分の子供たちへの優しさが海よりも深いです。生後3週間の子供に襲われてもわざと負け、食事に横入りされても譲ってしまいます。愛と優しさに触れたい人はぜひ。

I’m HANAMASA

ピジョンフリーゼ♂『ハナマサ』と飼い主さんの、かわいく楽しい日常や、犬の幼稚園(しつけや他の犬とのふれあい方を学ぶ施設)に関する動画が中心のチャンネルです。かわいらしい『ハナマサ』と、飼い主のりささんの中々濃いキャラが相乗効果を起こしています。犬用の服やフードレビュー動画も充実しており、犬飼いさん全般にとって非常に参考になります。

その他ペット

コツメカワウソちぃたん☆ OtterWorld

初めてのお風呂で人間の赤ちゃんのように泣いたり、警戒心ゼロで完全なるあおむけになって眠ったりする姿がかわいい、と大ブレイクしたコツメカワウソ♀『ちぃたん』のチャンネルです。個人的には、同居猫ちゃんが『ちぃたん』にさほど興味がなさそうなふりをしつつ、尻尾で遊んであげたり、『ちぃたん』が寄り添って眠るのを許したりしている所がポイントです。

カワウソさくら(正式チャンネル名:ma ko)

飼い主さんにべったりラブのコツメカワウソ♀『さくら』の日常動画メインのチャンネルです。どれくらい飼い主さんラブかというと、飼い主さんの太ももの間にすっぽり挟まって熟睡し、飼い主さんのお風呂にもトイレにもくっついて離れず、飼い主さんがカワウソぬいぐるみばかり構えば、本気の嫉妬をして威嚇ばりの抗議の鳴き声を上げるレベルです。食い意地もハイレベルでかわいいです。

GEN3 Owl Channel

ヒナの時から人間に育てられたベンガルワシミミズク♂『ガルー』のチャンネルです。猛禽類が人間に甘えるという風景に、驚くとともに、とてつもなく癒やされます。『ガルー』は警戒心がなさすぎて、たまにフクロウらしからぬとんでもない姿になってしまい、動画のサムネイル画面からして笑いを誘います。

息の長い人気の動物YouTuber

モアクリ(モアレとクリエ):12年選手

2008年に、動画【だるまさんが転んにゃ】で日本どころか世界中で有名になったMIX猫♀『モアレ』と、2011年に参入したMIX猫♀『クリエ』のチャンネルです。クリエが参入してしばらくは、『モアレ』と『クリエ』の間にちょっぴり緊張感が漂いましたが、時間が解決してくれました。現在は、基本的に2匹のモフモフのんびりな日常動画が更新されています。

まるです。(正式チャンネル名:mugumogu):11年選手

2008年の動画【特訓する猫】、【滑り込む猫】などで、ビール箱へ滑り込む姿が世界的に有名になり、日本とアメリカのCMに出演し、You Tubeでも複数の賞を受賞している立ち耳スコティッシュフォールド♂『まる』が中心のチャンネルです。箱に入ることを偏愛し、猫らしからぬドジや面白かわいい振る舞いが多い『まる』と、2013年に参入したMIX猫♀『はな』の普通の猫らしい立ち居振る舞いの対比が楽しいです。

かごねこBlog:12年選手

頭に何を乗せられてもまるで動じず、脳天に猫缶を5つ乗せられても、かごにハマってくつろいだままという大物MIX猫♂『しろ』の乗せられ動画や畑作業付き添い動画を中心に、腕にみかんをピラミッド状に乗せられても動じないMIX猫♂『ちび』『みみ』、人間のように座ってストーブにあたるMIX猫♂『茶トラ』、その他大勢のMIX猫たちの、のんびりまったり田舎生活動画チャンネルです。

猫と犬

柴犬ひかりといちごと猫ミルキーときらら:11年選手

お年寄り柴犬母娘『ひかり』『いちご』のかわいい日常動画チャンネルでしたが、途中から、柴犬母娘より、うんと年下のキジ白MIX子猫♂『ミルキー』、キジトラMIX子猫♀『きらら』が加わり、犬猫が共に暮す動画チャンネルになってきました。柴犬のみの頃の動画も愛嬌があってかわいいのですが、子猫の頃の『ミルキー』、まだ子猫の『きらら』と柴犬母娘が少しずつ距離を縮めていくさまがなんともたまりません。

国外からも人気を得ている動物YouTuber

まるです。

2009年9月~現在、タイトル・キャプションに英文つき。現在は動画内文章もすべて英文つきです。

ひのき猫

2017年4月~2019年11月までタイトルに英文つきです。

柴犬小春

英文はありませんが、キャプションでこれまでの動画の英語字幕翻訳を呼びかけています。

Momo Ten Kuuももと天空

2014年3月(最古動画)~現在、タイトルに英文つきです。

GEN3 Owl Channel

英文はありませんが、再生回数第1位の動画【飼い主に甘えるフクロウ】にて、コメント欄に固定コメントをつけて英語字幕翻訳を呼びかけています。

カワウソさくら

2017年6月~現在、タイトル・キャプション英文つきです。現在、動画内文章も英文付きです。

コツメカワウソちぃたん☆ OtterWorld

2017年6月~9月まではタイトルに英文つき、再生回数第1位の動画【初めてのお風呂が怖くて人間の子供みたいに泣いちゃうカワウソちぃたん☆】もタイトルに英文つきです。

上から見た人気であり続ける秘訣

動画投稿を続ける

どの動物YouTuberも動画投稿をたゆまず続けていて、そこそこ更新頻度が高いです。

頻度が高い動物YouTuber(例えば『まるです。』)だと、連日か1日おきの動画更新になります。動画投稿の頻度はそこまででなくとも、サブのTwitterやInstagramで毎日投稿して補助している場合もあります。

とにかく、動画を投稿し続けることが秘訣の1つ目です。

できれば英語圏の視聴者を取り込む

日本語が理解できる人口より、英語が理解できる人口のほうがはるかに多いです。英文キャプション、せめて英文タイトルをつけると、潜在的視聴者数が爆発的に上がります。

『まるです。』『カワウソさくら』などは、本当に単純な英文ですが、動画タイトルにも動画キャプションにも、動画内の文章にも、ていねいに英文をつけているので、それで十分通じていて、英語圏のファンがたくさんついています。どうしても英文をつけられなくても、翻訳を呼びかけるという戦術をとっているチャンネルもあります。

言語の壁を超えて、潜在的視聴者にもアクセスできるようにすることが秘訣の2つ目です。

被写体への『愛』を持つ

上に並べたチャンネルの動画を見てください。撮影者の、動物たちへの『愛』を感じない動画が、1つでもあったでしょうか?

愛がなければ愛らしい瞬間を切り取れません。動画編集の腕も必要ですが、編集の材料となる愛らしい瞬間がなければ意味がありません。

主人公となる動物たちへの、大いなる愛が秘訣の3つ目です。

まとめ

抜きん出た人気の動物YouTuberになるために必要なのは、投稿を続けたり、英文タイトル・キャプションをつけたりするマメさもさることながら、何よりも、主人公となる動物への『愛』だと思われます。

人気動物YouTuberの飼い主になりたいあなた。

被写体となる動物への『愛』はありますか?

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. youpla「管理人」 youpla「管理人」

    良い記事を作成いただき大変感謝しております!
    本当にありがとうございました!

  2. 紅生姜 紅生姜

    こちらこそ親切な対応をして頂き、大変ありがたく思っております。
    1/15~2/9を避けていただければ、また何かのテーマで作成することも可能だと思いますので、機会がありましたらお声がけください。

コメントするためには、 ログイン してください。