歌い手Youtuberになりたい!!なり方と研究するべき僕的ランキングトップ5

こんにちわ。
ライターです。

最近Youtubeの中でも特に多く見るのが歌い手Youtuberというジャンルの人たちだそうです。
Youtuberだった人がメジャーデビューをしたり、武道館のようなところでライブを成功させているのは結構よく見たりします。

そこで今回はそんな歌い手Youtuberになってみたいあなたにそのなり方と、研究するべき僕的ランキングトップファイブをお伝えしたいと思うのです。

では早速行ってみましょう。
レッツラゴー!!

〇歌い手Youtuberになりたい。どうすればいいの?

ここでは歌い手Youtuberになりたいけれどどうすればいいかわからないあなたにその手順を説明していきます。

基本的に歌い手youtuberになる方法は以下の6つになります。

①機材をそろえる
②カラオケ音源をそろえる
③歌う
④ミックス録音する
⑤動画に変換する
⑤動画を公開する

という手順ですね。

ではひとつづつ見ていきましょう。

①機材をそろえる

歌い手のYoutuberというのは機材が必要なんですよね。
主に必要な機材は、
⑴マイク
⑵ヘッドホン
⑶オーディオインターフェイス
⑷ポップガード
⑸譜面台

という風な感じですね。

⑴マイク

これはもう必須アイテムです。
最近のマイクは非常に安くなって音質も以前よりはだいぶ良くなっています。

マイクにも2つの種類があって、
・コンデンサマイク
・ダイナミックマイク
という2通りがあります。

コンデンサマイクは電源が付かないので音を入出力することができません。
そのためにオーディオインターフェイスにつないで、電源を取って使います。

ダイナミックマイクはあなたも見たことがあるごくごく普通のマイクです。
電源が必要ではないのでそのままPCにもつなげられるんでいいですね。

どちらにするかはお財布と相談するのがいいですが基本的には僕はダイナミックマイクのほうがお勧めです。
使い勝手がいいですし、わかりやすいのでお勧めですね。

⑵ヘッドホン

これはあったほうがいいです。
というのが耳の近くで音楽が流れるので、歌うときにずれがないのでいいんです。

実は音楽を流しているときに人というのは少なからず音に反応するのが遅れていくんですよね。
でそのずれを減らしてくれるのがヘッドフォンだったりするんですよね。

⑶オーディオインターフェイス

このオーディオインターフェイスは使う場合と使わない場合があるんですけれど基本は使ったほうが音楽に合わせた音の大きさになるので非常にお勧めです。

つまり音楽の音量と歌の音量のバランスが取れるんですよね。
そのためにMixするときにも役に立つんです。

オーディオインターフェイスは安いもので6000円位から売っていますが、コンデンサマイクを使う場合にはインターフェイスで1万円くらい超えてしまうので使うか使わないかはお財布と相談して決めるのがいいと思いますね。

⑷ポップガード

ポップガードというのはマイクの前に着ける息をカットしてくれる装置ですね。
時たまマイクの前で話していると「ぼっ」っという音が入っているのを聞いたことがありませんか?

ダイナミックマイクの場合でもコンデンサマイクの場合でもそうなんですが、あの音は息の音を拾っているんですよね。

ですからそれをマイクが拾わないようにするための装置です。

おもいっきり歌いたいときにはあったほうがいいですよ。

⑸譜面台

これは歌詞カードを置いたり、楽譜を置いたりするのに使います。
なくてもいいですが、あったほうがいいと思いますね。

最低では1万円くらいから始められますが、ある程度のクオリティーを考えると3万円くらいの予算があったほうがいいですね。

②カラオケ音源をそろえる

結構自分で作る以外はまずカラオケの音源が必要になりますよね。
そのために、カラオケ音源をそろえましょう。

カラオケ音源はインターネットで著作権フリーのものもあったりするのでそこからダウンロードするのがいいですね。
そうでないと著作権に引っかかってしまうみたいなのです。
(基本はCDのカラオケ音源はNG)

そして、歌う環境として今回はAudacityというフリー編集ソフトを使います。
Audacityダウンロードページへ

③歌う

カラオケ音源が見つかって、無料のソフトをダウンロードして歌う環境が整ったら歌いましょう。
気持ちを込めて歌を歌って録音をしましょう。

④ミックスする

歌が歌い終わったらMixを行いましょう。
しかし、このMix非常にやることが多いですし、このMixであなたの歌がいいものになるのか死んでしまうかの瀬戸際とも言えます。

もしどうしても無理ならMix師というのがいるのでそういう人に頼むのも一つの手ですよね。

⑤動画に変換する

Mixが終わったら次に動画に変換する作業をしましょう。
専用のソフトを使ったらできるのでぜひともやってみてくださいね。

⑥動画を公開する

ついにアップロードするときが来ました。
アップロードをして、説明文などを書きアップロードをしてくださいね。

〇歌い手Youtuberの研究するべき僕的ランキングトップ5

ここでは歌い手Youtuberになりたいあなたに研究するべき僕的ランキングトップ5についてお話していきたいと思います。

①イカさん

いかさんは、七色の歌声という曲で人気を集めている歌い手Youtuberさんです。
2011年から歌い手としての活動をスタートさせたとのことで初登校の時にはなんと中学三年生という若さだということに衝撃を受けました。

「多声類」と話題になっている通り、男性ボイス、女性ボイス、ロリボイス、少年ボイス等
様々な声を使い分けられることによりミステリアスを演出し、話題を呼んでいる歌い手さんの一人でもあります!

今では歌い手としての活動だけではなく、声優さんとしても活動しているマルチタレントなイカさんをぜひ聞いてみてはいかがでしょうか??

②ぱなまんさん

一度聞くと忘れられない声というのが僕の印象ですね。
歌うときに時々かすれた声が何ともセクシーなぱなまんさん。
2011年からニコニコ動画にて歌い手を活動を始めたんだとか。

歌声もどこかシャ乱Qのつんくさんを思わせるような哀愁のある声と伸びが推しになりますね。

歌っている動画の再生中に泣き出してしまいそうになるぱなまんさんの歌声は勉強になるところが非常に多く、一見の価値は計り知れません。

③向日葵さん

向日葵さんは、2008年からニコニコで歌ってみた動画を上げ、10年以上歌い手として活動されているYoutuberさんです。
残念ながら顔出しされていないので謎めいた方ではあるのですがミドルからハイトーンに行くときの非常に伸びやかな声が印象に残る歌い手さんですね。

また選曲のセンスがドンピシャで声と現在の流行のバランスが非常にいい天才的な歌い手さんです。
しかもすごいのがアレンジをすべて自分でやっているというマルチトラッカーでもありますね。

非常に素敵な向日葵さんに学ぶことが多いのではないでしょうか。

④天月さん

2009年からニコニコ動画に配信を始めて、2010年に歌い手としての活動を始めたという天月さん。
配信を始めたときには高校生だったそうです。

なんとこの天月さん、日本武道館でのライブを成功させたことがあるというすごい経歴の持ち主なんです。
ほかにも歌ってみたという動画だけにとどまらず、オリジナル曲も何曲かあり、テレビに出演したりと精力的に活動を行っておられます。

声質は非常に少年らしい感じですがハイトーンが非常に伸びやかな彼の曲。
歌の練習にはもってこいではないかと思われます。

顔出しもしておられ、さわやかなルックスに女性ファンが多いようですね。
勉強できるところが非常に多いと思います。

⑤まふまふさん(ボカロPさん)

2010年から活動している歌い手・ボカロPさんと同一人物だというまふまふさん。
歌い手さんの中でも、トップクラスの人気を誇る人物と言っても過言ではありませんよね。

歌い手さんが好きだという人でまふまふさんを知らない人はおそらくいないでしょう!

彼の歌の特長はまるで女性を思わせるハイトーンが得意だそうで、伸びやかな中にもどこかセクシーさのある歌声にあります。
(最初は僕は女性の方だと思っていました。)

そんなまふまふさんは2017年5月7日にご自身でさいたまスーパーアリーナで「ひきこもりたちでもをしたい」というライブイベントを主催して大きな成功をしてらっしゃいます。

また、Mixerとしての才能もおありのようで数多くの歌い手からのMixの依頼があるようです。
ぜひ一度動画を見てみてはいかがでしょうか??

〇まとめ:歌い手になるには、とにかく歌いまくってうまくなろう。

歌い手Youtuberとうまくなるにはとにかくいっぱい歌って動画を公開して周りの反応を見ることですね。
何事も試行錯誤ですね。

いっぱい練習して、うまくなっていきましょう。

では今回はここまで。
また次回。

執筆:slash1196

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。