大物Youtuber引退の理由を解説!そこから学ぶべきものとは??

こんにちわ。
ライターです。

最近ものすごく多いのがYoutuberを始める人なんですが知ってました?
Youtuberをやめる(=引退する)人も結構いるんですよね。
あまつさえ始める前にあきらめてしまう人さえいるんですよね。

今回はこの引退する人から学ぶべきものとは何なのかを勉強していこうと思います。

では早速行ってみましょう。
レッツラゴー!!

〇Youtuberって今からでも参入はできる。けどいばらの道であることは間違いがない。

最近では動画の需要が高まっていることもあり、Youtuberをする人が多いですよね。
でも、実際にお金を稼げるのはほんの一握りといわれる動画の世界。

実は結構移り変わりが激しいのです。
まあ初心者の場合はやめていくのが結構常套なんでわかりやすいんですけれど、大物といわれたYoutuberの人でも引退を表明する人って多いみたいです。

そして初心者というのは基本的にやめていく順というのはわかりやすくて、
『Youtuberになって一財産築いてやるぜ』
といって頑張って始めても、実際に始めてみると意外に地味で、継続力の必要な作業が淡々と続くものだったりして、辞めちゃう人が多いことなんですよね。

そう、いばらの道を耐えられずに辞めてしまうというのが非常に多いんですよ。

しかし大物Youtuberに関しては一財産築いた人なので、やめる理由がわからないですよね。

次の章ではその理由に迫っていきましょう。

〇大物Youtuberが引退していく理由とは??

ここでは大物youtuberといわれた人を2人選定し、彼らの引退した理由をお伝えしていきたいと思います。

・アブさん

アブさんといえば、ゲーム実況をする動画でものすごく有名ですよね。
チャンネル登録数は現在144万人を誇る超有名チャンネルになっています。
また動画の本数も1400本を超える大型のチャンネルですね。

そのアブさんが2018年10月にYoutubeの動画上で『今後、Youtubeに動画をアップロードをしない』という趣旨の動画を投稿していることがわかりました。

引退表明の理由:『今まで動画を投稿したものに対して、急に広告が付かなくなった』

引退表明の理由になったのは広告が動画の中に貼れなくなったというもの。
動画を作った人からすれば収益化しないのは悲しいものですね。
どうやらそれが原因のようです。

でゲーム実況動画を作る一部のYoutuberの間では波紋を呼んでいます。
中には『金のためにゲーム実況をしていたのか』という人もいますが、今まで貼れていた広告が急に貼れないという状況になると、正直同じことは言えないと思いますし、ナンセンスですよね。

そのお金を見越して生活をしている場合はなおさらですよね。

今見る限りでは1週間前に動画を投稿されていて動画の中には広告が貼られていますので、復活されたようですね。

・てんちむさん

てんちむさんといえば美人で有名なYoutuberさんですよね。
実はそんな彼女もゲーム実況をしていたようです。

しかし、2018年9月30日にご自身の動画で、ゲーム実況を引退することを宣言したてんちむさん。
一体彼女に何があったのでしょうか??

引退表明の理由①:『チャンネルが大きくなるにつれ、自分が楽しいかよりも視聴者のことを考えるのが苦痛』

なんと引退の理由は、簡単に言うと今までは自分が楽しいかというのを目的にして気かけれどチャンネルが大きくなってくると変に視聴者のことを考えていることに気が付いて苦痛になったというもの。

これはものすごくありますよね。
というのがチャンネルが大きくなると視聴者が多くなり、熱狂的なファンも増えてくるんですよね。

そうなるとどうすればもっと自分の動画を好きになってくれるかっていうのを考えるようになるんです。

これが苦痛を生む原因なんですよね。

引退表明の理由②:好きで始めたはずなのに、チャンネルが大きくなるにつれて違う方向にいっていることに気が付いた

もう一つの理由というのが『チャンネルが大きくなるにつれて自分だけでコントロールができなくなってしまう』という趣旨のもの。

これはちょっと前に日本の国民的ビジュアル系ロックバンドのLuna seaのRyuichiさんも同じことを言ってらっしゃいました。

チャンネルが大きくなっていくにつれて当初の自分の目標はどこへやらといった感じだったのでしょう。

〇まとめ:初心を忘れずに、自分の好きなことに一転集中しろ!!

Youtuberになって一番大事なことって、自分の好きなものを使って視聴者を魅了することだと思うんですよね。
そのために必要なことは何かというと、それは『自分自身が楽しむこと』なんですよね。

そして、あなた自身が感じる楽しい感情というのは、周りに伝わっていくものです。
そうすると人は共感するものなんですよね。

共感が得られればもう『収益化』なんて簡単なものです。
その人の共感をうまくつけばいいだけですから、、、

だから一番大事なのは自分が楽しいことを考えてくださいね。

では今回はここまで。
また次回に。

執筆:slash1196

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。