Youtuberランキングトップ10とその結果から学ぶべきもの

こんにちわ。
ライターです。

最近Youtuberってものすごく大きな市場になっているので、あなたも『やってみようかな』って思っているかもしれませんね。

その時に必要になってくるのがやっぱり分析というのはものすごく大事になりますよね。

ってことで今回はYoutuberランキングトップ10を見ていくとともに傾向を見ていきましょう。

では早速行ってみましょう。
レッツラゴー!!

〇【2019年度】トップYoutuberランキングベスト10

ここではトップyoutuberと呼ばれる人をランキング形式で10人をまとめてみました。

1位:はじめしゃちょーさん

はじめしゃチョーさんといえば知っていない人はいないのではないかというビッグネームですよね。
顔を見ると女性を虜にするような甘いマスクで、さわやかさ満点のはじめしゃちょーさん。

はじめしゃちょーさんは動画をアップしたいときにアップするというモットーをお持ちで、まさにオールジャンルの帝王。

最近では女性関係の三又疑惑で炎上していたことが判明しており、そっちで知っている方も多いかもしれませんね。

チャンネル登録数は833万人、そして動画数に関しては2070本というおおさにびっくりですね。
『一体どんだけ動画を撮ってるんだ?』
という感覚にすごいの一言しか出なくなりますね。

2位:ヒカキンさん

ヒカキンさんというのはYoutuberでなくてもいまや知っているビッグネームですよね。
いろんなテレビや雑誌に取材されたりしているすごい人。

ヒカキンTVというYoutubeチャンネルをメインに運営してらっしゃるすごい人です。
なんとそのメインチャンネルは、チャンネル登録者数が833万人、動画の本数は実に2070本という多さです。

しかもサブのチャンネルまで持っているというので驚きです。
一体どんなバイタリティーを持っているんだよ
と突っ込みを入れたくなるほどバイタリティが豊かですね。

3位:Fischer’sさん

なんと幼稚園から一緒の7人組で構成されるFischer’sさん。
基本的にアスレチックや面白動画が人気を博しているチャンネルですね。

チャンネル登録数は594万人、どうがすうは2014本です。
またサブチャンネルを運営されていてメインでは見れない一面を見れるチャンネルになっているとのことですね。

4位:木下ゆうかさん

ものすごく小柄でかわいらしいイメージのある木下ゆうかさん。
その見た目とは裏腹に食事を平らげていく姿は圧倒を超えて、まさに圧巻です。

『どこにそれだけ食べる胃袋が入っているんだ??』
と思うほどの食欲に、驚かされること間違いなしです。

なんとこのチャンネル、登録者数は542万人、動画本数は1822本という多さです。
美女の大食いという新しいジャンルを生み出したまさに第一人者ともいえる存在ですね。

5位:Sushi Ramenさん

名前からクッキング動画かと思いきや、その名前からは想像できない動画のジャンルにびっくりすることも多いでしょう。

主にライフハック系の動画が多く、『してみた』という動画も人気のYoutuberさんです。

メインチャンネルの登録者数は470万人に上り、動画は421本。
他と比べてちょっと少なめです。

6位:JunsKitchenさん

このチャンネルは実はあの英語系Youtuber夫婦のRachel and JunのJunさんのチャンネルなんです。
おいしそうなものを作っては動画を上げているチャンネルですね。

作っている傍らには猫がいて、食欲とともに猫の可愛さに癒されることは間違いなしです。

チャンネル登録者数は443万人、動画数は28本というすさまじく少ない本数です。
これはJunさんだからできたことではないかと思いますね。

7位:水溜まりボンドさん

お笑いが大好きだという二人組の水溜まりボンドさん。
どっきり映像が多いということで面白くてみてしまうという人も多いかもしれません。

チャーハンを作るのがうまくなるどっきりなどということをされてるチャンネルです。
チャンネル登録数は420万人で動画数は1891本。

面白くて見るのが止まらなくなること必至なの時間に余裕のある時に見てください。

8位:SEIKINさん

ヒカキンさんの弟でもあるSEIKINさん。
UUUM専属のクリエイターさんでもあります。

時にはヒカキンさんと一緒にコラボをして歌を歌ったり、面白いことを見つけて動画を作る『やってみた』という内容の動画を多数上げていますね。

特に驚きなのが歌うときの歌を全て作詞、作曲をされるというSEIKINさん。
そのマルチな才能には驚かされること間違いなしですね。

チャンネル登録者数は376万人、動画本数は1691本。

9位:ヒカルさん

元Vaz の執行役員であったというヒカルさん。
最近ではVALUという仮想株式の手放しによって含み損をひとにあたえたというニュースでお名前を知った人も多いかもしれませんね。

『春祭りでくじを買い占め、あたりがあるかを調査する』といったような内容の面白系動画が非常に好評のYoutuberさんですね。

チャンネル登録者数は353万人で動画本数は1268本。

10位:KAN&AKI’s channelさん

家族の子供たち4人組で知育やお買い物など子供の成長に必要なことを動画に投稿しているチャンネルですね。
子供たちのかわいらしい姿に癒されること間違いなしです。

キッズ系動画のパイオニアといっても過言ではありませんよね。

なんとこのチャンネル登録者数は290万人で1365本となっています。

〇まとめ:これらのランキングを見て何を学ぶべきかをわかりますか??

さてここまでランキング形式で話してきましたが、いったい何を言いたいかというと、チャンネル登録者数というのは動画の本数に比例しているのではないかということなんです。

中には28本という動画本数で443万人というチャンネル登録者数をほこるJunさんもいらっしゃいますがメインチャンネルとサブチャンネルを入れるとおよそ500本の動画を作ってらっしゃいます。

つまりチャンネル登録数が増えるのは動画をコツコツと作り上げた先にあるということだということなんですよね。

それを忘れてしまって、『中々人に見られないじゃないか』『自分には才能がないんだ??』といってやめてしまうのは非常にもったいないですので、ぜひコツコツと努力をしてほしいと思うのです。

スキルが体の中に溜まるのはそうそうないですよ。

ぜひ続けていきましょう。

では今回はここまで。
また次回。

執筆:slash1196

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。