Youtuber年収ランキングTOP3から学ぶこれからすべきこと

こんにちわ。
ライターです。

よくYoutuberの友達とお話をしていて、よく聞かれる質問について聞いてみたら、
『Youtuberって年収どのくらいもらってるん?』
とか
『Youtuberってどうやってこれから始めていったらいいか』
という質問が非常時多いことを教えてくれました。

そこで今回は年収のランキング形式でトップであるであろう3人を例に出させていただきました。

尚、現段階ではYoutubeというのは動画の中で収益に関することを話すのは規約違反になっていますので年収に関しては推定年収になります。

あらかじめご了承ください。

では早速行ってみましょう。

レッツラゴー!!

〇Youtuberの平均年収って大体どのくらいなの??

一番気になるのがYoutuberになったらどのくらいの年収になるのか??
ということではないのでしょうか??

このことを調査してみたところ、Youtuberの平均年収はおよそ800万円だそうです。
しかし、これはYoutuberの登録されている人間の1位から100位までを平均にかけた年収だそうで本当をいうともっと低くなると思われます。

なぜならYoutubeというのは基本広告費で稼ぐという形になります。
広告単価が一定ではないために必ず同じということが言えないのだそうです。

〇Youtuber年収ランキングトップ3

では早速Youtuberの年収ランキングTOP3の発表をしていきましょう。

1位:HIKAKINさん

もうこの方は今や知らない人はいないというようなYoutube界の首領的存在です。
最近ではバラエティーに出たりと精力的に活動をしていらっしゃいますよね。

そんなHIKAKINさんの年間収益額はなんと、11億円だそうです。

HIKAKINさんのチャンネルはメインチャンネルのほかにサブチャンネルがあり、トータルでおよそ115億回もの再生数を誇っており、登録人数は1500万人という日本が誇る世界規模なんですね。

また登録者数もさることながら動画数が日本では最高峰の4380本という数を出している超大物中の大物Youtuberですよね。

2位:Fischer’sさん

幼稚園からの幼馴染7人で面白いことを探求するということをコンセプトに動画のアップをしているFischer’sさん。
アスレチックや面白いことなどに挑戦して視聴者を楽しませることに余念がありませんね。
そんなFischer’sさんの推定年間収益は約1.7億円だそうですね。
再生回数は、サブチャンネルとの合同で見たときにおよそ96億回というものすごく多い回数が再生されており、登録者数は820万人にも上ります。

動画の本数は、3114本だそうです。

3位:はじめしゃちょー

この方も今Youtubeの世界では知らない人はいないのではないかというビッグネームですよね。
やりたいことを自由にアップするという何にも縛られない方法でお金を稼ぎだしたパイオニア的存在でもあります。
最近では映画になったりとマルチタレント的になったYoutuberさんですね。

さて、そんなはじめしゃちょーさんの気になる推定年間収益は、およそ1.1億円だそうです。
サブチャンネルの再生回数など合わせていくと68億回に上るそうで、トータルチャンネル登録数は1269万人になります。

〇TOP3の共通点

このトップ3ですが実は意外な共通点があります。
あなた自身もぜひ考えてみてください。

・好きなことをしている

実はこの3人なんですが全員好きなことをしているというのが共通点なんです。

そうなんですよね。
好きなことで人に価値を与えることができているというのが共通しているんですよね。

・縛りを自分に設けていない

またこの3人の共通しているところは、自由な発想だなということを動画を見てもらったらわかると思うんですよね。

・好きをとことん突き詰めて考えている

この3人の共通点はもう一つあってすきをとことん突き詰めているところなんですね。
そのために普通に見るビデオとしてもものすごく面白いわけですよね。

面白いしためになるというのが究極のエンターテインメントとして成立しているんですよね。
そういった共通点があるんですよね。

〇まとめ:ランキングトップ3から学ぶべきこと

さてここまでランキングをお話してきましたが、ランキングを見て終わりにしてほしくないんですよね。
というのがYoutuberで食べていくとしたら、分析の繰り返しが必要になるんですよね。

当然どういった動画構成になっているのかというのも分析してほしいんですね。

中でも、今回僕が思ったするべきことは、以下の通りで、
①とにかく好きなことを突き詰めて考えること
②エンターテインメントにするためには間違っていてもぶち抜いた考え方をしないといけないこと
というのを感じましたね。

間違ったことであっても、結果が出れば間違いも真実になるというのが面白いところだと思ったんですね。

そしてそのためには好きなことをとことん突き詰めて考えないといけないし、その突き詰めが中途半端では意味がないと思った次第です。

さあ、こうしている間に好きなことに打ち込んでみてはいかがでしょうか??
時間を無駄にしてはいけません。

ってことで今回はここまで。
また次回。

執筆:slash1196

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。